居合刀

居合いは、間近にいる相手が急に日本刀(小太刀や短刀)で攻撃してくる場合を想定した抜刀術です。

そのため、日本刀の納刀状態から「抜いて斬る」という動作をいかに早くするかが求められ、その抜刀術は不利を有利に変えるべく研鑽されてきました。

どんな状態からも相手を斬れるように、座構えや足運びなどの研鑚を重ねて、日本刀が鞘に収まっていながらも抜刀していると同様の技術(居抜き)として発展していったのです。

中には、江戸時代の殿中や屋内では、帯刀は礼法上ありえないため、実用的でないと言うひともいますが、殿中や屋内で帯刀のまま座る事例もあり、決して非実用的な技ではないようです。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5432251

この記事へのトラックバック